自費出版で夢のベストセラー!

自費出版のいろは

小説を自費出版で出すメリット

小説を自費出版で出すメリット 自費出版で本を出すメリットとして、特別な資格や条件が必要無いという点があります。
書店などで販売されている本の様に面白い作品でないといけなかったり、プロでないと資格がないと思われる人が多くいますが、現代では誰でも本を出版することが可能です。
費用と依頼する出版社の準備が出来ればすぐにでも出版することが出来ますし、場合によっては書店に流通させることも出来るようになっています。
もしかすると小説家や写真家、エッセイストといったプロとして活躍できる機会を自分でつくりだすことが出来るのも、自費出版の特徴と言えるでしょう。
また、世に出す本を自分の思い通りに製本出来るのも大きなメリットです。
一般的にプロの作家は出版社の意向をくみ取るなどといった条件が課せられるので、自由に作品を生み出すことが出来ません。
しかし自費出版は自分のお金で出版するので、そのような縛りが一切なく、自分が出したい本を世につくりだすことが出来ます。

小説を自費出版で出すときの注意点

小説を自費出版で出すときの注意点 自費出版は売れなくてもいいから本にしたい場合の手軽な手段の一つです。
商業出版と違い著者が費用を全部出します。これは出版社が間に入らないので良くも悪くもある点です。
注意点として自費出版で自作の小説を本にする場合元々著名である人以外は利益は見込めないところです。
内容の推敲や校正は全て自分でやらなければならないのでそのぶん手間がかかります。
作者だけの間を通って製本するので一般的な本と比べると間に編集者がいないのでよほど上手い人でない限り不出来になることが大きいジャンルです。
全くの素人の小説の場合は知り合いぐらいしか買い手がないと言っていいです。
売れるのは作者の人脈の範囲という判断で制作することが重要です。よほど買い手になってくれる人脈が多くないと売ることには向いていません。
安上がりになるからと多量に作るとそれだけ在庫が残るし赤字になることを前提にした心つもりで制作しないと痛い目に遭います。
ただし電子書籍であればかなりコストを削減できます。

新着情報

◎2018/2/6

体験記を自費出版
の情報を更新しました。

◎2017/11/6

詩集を自費出版で出す
の情報を更新しました。

◎2017/9/7

サイトを公開しました

「出版 小説」
に関連するツイート
Twitter

RT @signbonbon: 夢野久作の幻魔怪奇探偵小説『ドグラ・マグラ』の初版本(左)と6版本(右)では、背と扉の出版社名が松柏館書店から春秋社に変わっています。奥付と函の背は変化なし。表裏一体のような両書店ですが、理由は存じません。 https://t.co/pA5sX4…

昨日の宣言通り、どっかの出版社に送れる長編エロ小説を書く。目標は年内

返信先:@myosotis_ 待ってました!!!!!!!!!! 第一印象: この人、人間慣れしてんな 今の印象: 言葉の魔法使い 小説出版待ってます

TwitterЯ*𓏸𓈒 𝙪𝙩𝙖𝙠𝙖𝙩𝙖《🍂》@utakata_y2

返信 リツイート 47分前

レアリスムから発展し、小説は自然主義の時代を迎えます。 代表作家は何と言ってもエミール・ゾラ。 ルーゴン・マッカール叢書というシリーズを定期的に出版していきます。『居酒屋』『ナナ』『制作』などが有名です。 彼は遺伝といった物理的な環境がその人物の行動を決めると主張し執筆します。

小説投稿サイト、ランキング4位の作品を見てみよう! ノベラボ | 出版社デザインエッグの投稿サイト「シャネル iphone 11ケース ルイヴィトン iphone 12ケース おすすめ人気カバー」 コーチiphone12galaxy s20ケース著 novelabo.com/books/6101/cha… #ノベラボ 先に掃除して。汚い所には入りたくない から pic.twitter.com/abbMae25mY

表紙のデザインはどうするの?パソコンが苦手だけど大丈夫? いろいろと手続きが面倒臭そうで、掲載中の推理小説の電子書籍化をあきらめていたが、原稿さえあればいくらかの予算で簡単に、出版出来る事を知った。

Twitterブリュード@電子書籍代行@tkktyt

返信 リツイート 8:31

(四択)大岡昇平の小説『武蔵野夫人』で主人公・宮地勉との報われない恋の末に睡眠薬で自殺してしまう彼の従姉妹の名前は? A道子/(四択)自殺した愛人・坂本睦子をモデルにして書かれた小説『花影』で1961年に毎日周出版文学賞を受賞した作家は? A大岡昇平

TwitterQMA美術・文学検定bot@bikasebu

返信 リツイート 8:24

企業相手の仕事を経験した人はわかると思うけど、直接の担当者を説得するだけでは提案は通らない。 その担当者は上司や関係者を説得する必要がでてくる。 小説出版でも事情は同じで、担当者の説得を支援するためにもログラインとシナプシスを用意しろというお話ですね。

「『10年半の実刑なんて…どうしても考えてしまう。私たちはそんなに極悪非道の罪を犯したのだろうか』  裁判で涙ながらに訴えたのは、中国のネットで人気があるボーイズラブの官能小説家です。去年11月に『違法出版物で多額の収入を得た』として、一審で懲役10年半を言い渡されました」

RT @fujita_takahiro: 季節を告げる毳毳は夜が知った毛毛毛毛 はじめての小説集が7月15日に河出書房新社から出版される予定です。毳毳は、けばけば。毛毛毛毛は、もけもけと読みます。 装幀はブックデザイナーの名久井直子さん、カバー写真を撮影したのはフォトグラファ…