自費出版で夢のベストセラー!

自費出版のいろは

小説を自費出版で出すメリット

小説を自費出版で出すメリット 自費出版で本を出すメリットとして、特別な資格や条件が必要無いという点があります。
書店などで販売されている本の様に面白い作品でないといけなかったり、プロでないと資格がないと思われる人が多くいますが、現代では誰でも本を出版することが可能です。
費用と依頼する出版社の準備が出来ればすぐにでも出版することが出来ますし、場合によっては書店に流通させることも出来るようになっています。
もしかすると小説家や写真家、エッセイストといったプロとして活躍できる機会を自分でつくりだすことが出来るのも、自費出版の特徴と言えるでしょう。
また、世に出す本を自分の思い通りに製本出来るのも大きなメリットです。
一般的にプロの作家は出版社の意向をくみ取るなどといった条件が課せられるので、自由に作品を生み出すことが出来ません。
しかし自費出版は自分のお金で出版するので、そのような縛りが一切なく、自分が出したい本を世につくりだすことが出来ます。

小説を自費出版で出すときの注意点

小説を自費出版で出すときの注意点 自費出版は売れなくてもいいから本にしたい場合の手軽な手段の一つです。
商業出版と違い著者が費用を全部出します。これは出版社が間に入らないので良くも悪くもある点です。
注意点として自費出版で自作の小説を本にする場合元々著名である人以外は利益は見込めないところです。
内容の推敲や校正は全て自分でやらなければならないのでそのぶん手間がかかります。
作者だけの間を通って製本するので一般的な本と比べると間に編集者がいないのでよほど上手い人でない限り不出来になることが大きいジャンルです。
全くの素人の小説の場合は知り合いぐらいしか買い手がないと言っていいです。
売れるのは作者の人脈の範囲という判断で制作することが重要です。よほど買い手になってくれる人脈が多くないと売ることには向いていません。
安上がりになるからと多量に作るとそれだけ在庫が残るし赤字になることを前提にした心つもりで制作しないと痛い目に遭います。
ただし電子書籍であればかなりコストを削減できます。

新着情報

◎2018/2/6

体験記を自費出版
の情報を更新しました。

◎2017/11/6

詩集を自費出版で出す
の情報を更新しました。

◎2017/9/7

サイトを公開しました

「出版 小説」
に関連するツイート
Twitter

一方,出版の世界の小説家たちはページ数を増やして棚刺しの占有面積を増やした。

宣伝 小説家になろうにて352話まで投稿中! 気に入ったら評価・ブクマ・レビューしてね(^_^) 落ちこぼれ国を出る〜実は世界で4人目の付与術師だった件について〜 7巻までKindleにて出版amzn.to/2ZJqkEF 小説家になろうにて投稿中 ncode.syosetu.com/n9677fw/ #小説家になろう #narou

Twitter御影 雫☆なろう☆電子書籍作家@MikageSizuku

返信 リツイート 9分前

RT @kayopops_tw: \明日放送❗️/ 📽️『松本隆 原作・音楽・監督映画「微熱少年」』 📺10/25(日)よる7時 松本隆 作詞生活50周年を記念して、1985年に出版された同名小説を自らが監督となり映像化した作品をお届け✨DVD化されていない貴重作品をテレビ初放…

ラノベ系だけに向けて作ると商業と競合して潰し合うだけで、WEB小説系は出版サイド(レーベル新設してるところも多い)としても棲み分けしてるから、既存のラノベ層オンリー向けというわけでもないんだと思う。全く違う読者層向けに作ってるのがWEB小説系かな。

【あなたの綴る物語を、カタチにしませんか??】 当方の出版代行サービスを使えば、あなたがかいた小説を電子書籍という形で出版することができます。 まずはお気軽にご相談くださいませ。

Twitterアーフィー@電子書籍出版代行@esxwaz123

返信 リツイート 16:25

RT @k_saga: 【全作品リスト・コラム公開】時事通信出版局のHPに『大人だって読みたい!少女小説ガイド』の詳細がアップされました。目次で全179作のリストとコラムタイトルを公開中です。カバーは丹地陽子さん。カバー裏と各章扉にも丹地さんの素敵なイラストが入ります。#少女小…

周年記念でもなんでもいいから続きを出してくれという怨嗟の声しか挙がらないのでやらないんじゃなかろうか。ええ、E.G.コンバット・ファイナルをいつまでも待っておりますよ。 / “小説で「発表から25周年!」「出版から30周年!」みたいな企画の記事ないよな?” htn.to/3FS51UitLF

Twitteranmin7@a.k.a 素人オンライン軍師@anmin7piece

返信 リツイート 16:11

林芙美子文学賞 日本の公募新人文学賞。北九州市が主催、朝日新聞出版(第2回までは中央公論新社)が協力している。中・短編作品を対象にしている。優れた短編小説を多く残している、北九州市とのゆかりの深い作家、林芙美子にちなんで創設された。2015年(H27)~現在

えっと、小説「旋光の輪舞 デザイアーズルーレット」の出版化! えーんど! オリジナルCDが発売されるんだってー! 気になる、ねー?

返信先:@Oxixli 小説家になろうで連載していた作品をとりあえずなろう系に分類するのが無難 ダンまちって実は一時期なろうで公開されてたのよね、なろう内部経由じゃなくて公募で賞を取って出版された作品だけど

Twitterさっきー🌤️@nvsk_37

返信 リツイート 15:22