自費出版で夢のベストセラー!

自費出版のいろは

小説を自費出版で出すメリット

小説を自費出版で出すメリット 自費出版で本を出すメリットとして、特別な資格や条件が必要無いという点があります。
書店などで販売されている本の様に面白い作品でないといけなかったり、プロでないと資格がないと思われる人が多くいますが、現代では誰でも本を出版することが可能です。
費用と依頼する出版社の準備が出来ればすぐにでも出版することが出来ますし、場合によっては書店に流通させることも出来るようになっています。
もしかすると小説家や写真家、エッセイストといったプロとして活躍できる機会を自分でつくりだすことが出来るのも、自費出版の特徴と言えるでしょう。
また、世に出す本を自分の思い通りに製本出来るのも大きなメリットです。
一般的にプロの作家は出版社の意向をくみ取るなどといった条件が課せられるので、自由に作品を生み出すことが出来ません。
しかし自費出版は自分のお金で出版するので、そのような縛りが一切なく、自分が出したい本を世につくりだすことが出来ます。

小説を自費出版で出すときの注意点

小説を自費出版で出すときの注意点 自費出版は売れなくてもいいから本にしたい場合の手軽な手段の一つです。
商業出版と違い著者が費用を全部出します。これは出版社が間に入らないので良くも悪くもある点です。
注意点として自費出版で自作の小説を本にする場合元々著名である人以外は利益は見込めないところです。
内容の推敲や校正は全て自分でやらなければならないのでそのぶん手間がかかります。
作者だけの間を通って製本するので一般的な本と比べると間に編集者がいないのでよほど上手い人でない限り不出来になることが大きいジャンルです。
全くの素人の小説の場合は知り合いぐらいしか買い手がないと言っていいです。
売れるのは作者の人脈の範囲という判断で制作することが重要です。よほど買い手になってくれる人脈が多くないと売ることには向いていません。
安上がりになるからと多量に作るとそれだけ在庫が残るし赤字になることを前提にした心つもりで制作しないと痛い目に遭います。
ただし電子書籍であればかなりコストを削減できます。

新着情報

◎2018/2/6

体験記を自費出版
の情報を更新しました。

◎2017/11/6

詩集を自費出版で出す
の情報を更新しました。

◎2017/9/7

サイトを公開しました

「出版 小説」
に関連するツイート
Twitter

Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/hxpqwgo2/country-breaks.com/nobel.html on line 1

Warning: file_get_contents(http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%87%BA%E7%89%88%E3%80%80%E5%B0%8F%E8%AA%AC): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/hxpqwgo2/country-breaks.com/nobel.html on line 1