自費出版で夢のベストセラー!

自費出版のいろは

詩集を自費出版で出すメリット

詩集を自費出版で出すメリット 詩という表現形式は古くからあり、名作も多く生まれています。
ですが、現在ではあまりにもシンプルすぎる表現形式のためか、かなり知名度のある作家のものでないと出版されることは難しいようです。
多くの作家は文字を壁のようにして表現を重圧にしていきますが、詩は逆に必要最小限まで余分と思われる部分をそぎ落とし、少ない文字数であらゆるものを表現します。
自費出版の自由な部分は、作家本来の表現が何の縛りもなくできることです。
それは詩集という形でも同様な感動を読者に与えることが可能になります。
もちろん技術的な手法や文章力も必要になってきます。
作家にとっては文字数の少なさに、金額的なメリットも出てくるでしょう。
自費出版ならではの制限のない表現ができれば、自分の本来の才能以上のものを生み出すことも可能です。
詩人は自分の中に、いつも熱い思いを持っています。
逆に、熱い思いを持っている人はいつでも詩人になれます。
いつかは自分も詩集を出版する、という目標を持ってみるのもいいかもしれません。

詩集を自費出版で出すときの注意点

詩集を自費出版で出すときの注意点 詩集を自費出版で出す時にはいくつかの注意事項がありますので、それらをよく守りましょう。
自費出版はとても自由な出版のスタイルです。
既存の出版よりも自由な形式で作品で世の中に送り出せます。
しかし、自由には必ず同等の責任が伴います。
第一の注意事項として確認しておきたいのが、他人の名誉を傷つけるポエムはいけません。
将来的にトラブルへ発展する事を言わば覚悟して、特定の対象を批判するポエムを自費出版で世の中に発表する、そういった狙いがあるなら別ですが、いわゆる普通に詩集を多くの人々に見てもらいたい、と感じている方は他人の名誉をいたずらに傷付ける内容のポエムは挿入しないように心がけましょう。
また他人の著作物をそのまま無断で転載するのもNGです。
自分の家族の写真だから、同じポエム仲間の作品だからという理由があったとしても、本人の了承を得ずに自費出版の作品に挿入すれば、後で権利をめぐるトラブルになりかねません。

新着情報

◎2018/2/6

体験記を自費出版
の情報を更新しました。

◎2017/11/6

詩集を自費出版で出す
の情報を更新しました。

◎2017/9/7

サイトを公開しました

「出版 詩集」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@beauty_tips_sam 興味をもって頂いてありがとう(^^) 頭をかかえる宇宙人は山之口獏さんという沖縄出身の詩人さんが1964年(昭和39年)に出版した鮪に鰯という詩集に収められています。 こういった瞬間を切り取って、ユーモラスに仕上げたのち、僕たちに幸せの形の一つを考えさせてくれる素敵な詩人さんです♪

Twitterクマキ ヨシハル/山陰インTHEサン@kumashika36

返信 リツイート 43分前

小鳥書房@kotori_shobo の店主・落合さんに私も去年、取材でお話を伺いました。「広島の『ばっちゃん』の料理詩集出版」「ひとりではなく、仲間と歩む出版社に」「あえて手探りと直感で」「商店街の若き担い手として」ーー記事に付した見出しです。静かで落ち着くお店です。 twitter.com/kazsoul/status…

TwitterKazumasa Kawaguchi@kazsoul

返信 リツイート1 6:52

枠中にちゃんと伝わった、はずもないのでもう一度。 秋頃にKindle版限定で、自費出版詩集を出す予定です。 今までの詩と、書き下ろしを合わせて10編前後収載予定です。 今色々と準備をしてるとこですので、出来上がった暁には手に取って貰えると嬉しいです。

RT @AkMomo510: 詩村あかね新詩集「鳥のいる場所」出版記念朗読会のお知らせ。 都内感染者数増加しておりますが安全対策を強化し開催致す予定です。残席2です。DMにてお申込下さい。 ●7月28日(火)13:00〜15:00 ●場所:ベルネザール・わたなべ音楽堂 ホール…

Twitter白島 真(しろしましん)@shindesuyo53

返信 リツイート 0:41

フォロワー各位の協力で発生した創作twstボーイのフォードくん、サ部に所属してる設定からRークくんのお友だちっていう方向で進んでるんだけど、この時空のRークさんは美しいモノを永遠に残すべく、詩集を自費出版するし、標本を制作する。

返信先:@KeisukeImamura 初めまして。「糸」と申します。 主な活動は、詩を書き、詩集出版しています。 音楽に関しての知識は全くありません。ただ、音楽が大好きです。 作詞など、僕の力で何か携わる事が出来れば嬉しく思います。よろしくお願いいたします。 pic.twitter.com/QsoNQUKtbL

もう手放した本、暁と夕の詩の初版に「杉山美都枝殿 立原道造より」扉の裏にあった。葉書はグロリアソサイエティの杉原宛の立原道造の野村氏から。第二詩集出版記念会に杉原が出ていた写真が在る本に掲載。杉原は若林つやという小説家。小林多喜二の弟子。断崖でデビュー。その後出版社に勤務。

詩人「僕の詩集出版してくれないかな」 編集者「うーん。君の作品はお世辞でもいいものとは言えないからな」 詩人「でも、最近僕の詩の読者は、確実に2倍は増えたんだぞ」 編集者「あ、知らなかった。いつ結婚したの?」

Twitterブラックジョークの方程式@msnorigin

返信 リツイート 昨日 23:23

「文学界に彗星の如く現れた期待の新鋭なんつって 先月出版された詩集も好評で…ねえ!?あなた」「おいおい諒子よさないか 人様にお聞かせするよーな話じゃないよ」(『パセリを摘みに』)

早く102歳になって『ちゃんとしなくて、いいんだよ』という自分の顔が表紙の詩集出版したい。