自費出版で夢のベストセラー!

自費出版のいろは

詩集を自費出版で出すメリット

詩集を自費出版で出すメリット 詩という表現形式は古くからあり、名作も多く生まれています。
ですが、現在ではあまりにもシンプルすぎる表現形式のためか、かなり知名度のある作家のものでないと出版されることは難しいようです。
多くの作家は文字を壁のようにして表現を重圧にしていきますが、詩は逆に必要最小限まで余分と思われる部分をそぎ落とし、少ない文字数であらゆるものを表現します。
自費出版の自由な部分は、作家本来の表現が何の縛りもなくできることです。
それは詩集という形でも同様な感動を読者に与えることが可能になります。
もちろん技術的な手法や文章力も必要になってきます。
作家にとっては文字数の少なさに、金額的なメリットも出てくるでしょう。
自費出版ならではの制限のない表現ができれば、自分の本来の才能以上のものを生み出すことも可能です。
詩人は自分の中に、いつも熱い思いを持っています。
逆に、熱い思いを持っている人はいつでも詩人になれます。
いつかは自分も詩集を出版する、という目標を持ってみるのもいいかもしれません。

詩集を自費出版で出すときの注意点

詩集を自費出版で出すときの注意点 詩集を自費出版で出す時にはいくつかの注意事項がありますので、それらをよく守りましょう。
自費出版はとても自由な出版のスタイルです。
既存の出版よりも自由な形式で作品で世の中に送り出せます。
しかし、自由には必ず同等の責任が伴います。
第一の注意事項として確認しておきたいのが、他人の名誉を傷つけるポエムはいけません。
将来的にトラブルへ発展する事を言わば覚悟して、特定の対象を批判するポエムを自費出版で世の中に発表する、そういった狙いがあるなら別ですが、いわゆる普通に詩集を多くの人々に見てもらいたい、と感じている方は他人の名誉をいたずらに傷付ける内容のポエムは挿入しないように心がけましょう。
また他人の著作物をそのまま無断で転載するのもNGです。
自分の家族の写真だから、同じポエム仲間の作品だからという理由があったとしても、本人の了承を得ずに自費出版の作品に挿入すれば、後で権利をめぐるトラブルになりかねません。

新着情報

◎2018/2/6

体験記を自費出版
の情報を更新しました。

◎2017/11/6

詩集を自費出版で出す
の情報を更新しました。

◎2017/9/7

サイトを公開しました

「出版 詩集」
に関連するツイート
Twitter

土曜美術社出版販売より『詩と思想』の〈名詩集発掘〉ページ用の「圧縮の力学――一色真理『純粋病』の内実」の初校ゲラとどく。~読み直して赤字を入れる。校正を返送。 evernote.com/shard/s30/sh/a…

決して声に出して呼んではいけない詩があるという。童謡作家としても知られる詩人、西条八十が出版した詩集「砂金」に収録されている「トミノの地獄」という作品がそれだ。内容は、トミノという少年が地獄を旅するというもの。黙読までならかまわないが声に出して読むと凶事が起こるといわれている。

詩人「僕の詩集出版してくれないかな」 編集者「うーん。君の作品はお世辞でもいいものとは言えないからな」 詩人「でも、最近僕の詩の読者は、確実に2倍は増えたんだぞ」 編集者「あ、知らなかった。いつ結婚したの?」

RT @asanotakao1975: 出版社の仕事で書店営業へ。じつに半年ぶりだ。編集を担当した天野健太郎句文集『風景と自由』の補充注文をいただいた。ほんとうですか? と聞いてしまった。ほんとうのことだった。ブッシュ孝子全詩集も売れてますよ、と書店員さん。ほんとうですか? と…

Twitter古本屋 千机書房(チキショボウ)@chikishobo

返信 リツイート 12:16

RT @chimaru_s: 秋は詩集出版ラッシュの季節です。最近ご恵贈いただいた詩集、尾久守侑さんの第三詩集『悪意Q47』。どこかちょっと歌詞っぽい青い感じなところが好きです。 pic.twitter.com/JD2EryCugD

Twitter大槻和央📘11月22日(日)朗読のオープンマイクのナビゲーター務めます@アールラボ・京都@ootsukisan126

返信 リツイート 11:30

RT @utsu_shun: 中島みゆきの詩集『四十行のひとりごと』掲載媒体と出版社が独特で、まあ構えていたのだが、思っていたより普通の本だった(失礼な言い方だが)。『ぜったいグランプリ』の疾走感、爽快感。この一編を読むだけで、とても幸せに思えた。1000文字でここまで表現でき…

RT @chimaru_s: 秋は詩集出版ラッシュの季節です。最近ご恵贈いただいた詩集、尾久守侑さんの第三詩集『悪意Q47』。どこかちょっと歌詞っぽい青い感じなところが好きです。 pic.twitter.com/JD2EryCugD

Twitter大槻和央📘11月22日(日)朗読のオープンマイクのナビゲーター務めます@アールラボ・京都@ootsukisan126

返信 リツイート 9:04

われらがあさやけ出版@asayake_shuppan出版記念イベントが東京で行われることになりました。二子玉川 蔦屋家電 BOOKの北田さんのはからいによるものです。ありがたいことです。東京に暮らす親愛なる方々に直接にあの詩集たちやその生まれきた物語を伝え、手渡したい、と思いこの場を設けました。

早く102歳になって『ちゃんとしなくて、いいんだよ』という自分の顔が表紙の詩集出版したい。

Twitterロボもうふ2ごう@WeArePlankton

返信 リツイート 6:04

このところ、積読していた詩人の藤原安紀子の最新散文詩集というかポストモダン的な連作SF短編小説集『どうぶつの修復』(港の人2019)を読んでいるのだが、出世作である前詩集「アナザミミクリ」からの展開もさりながら、藤原は京都の美術出版社の青幻社の藤原安紀子さんと同一人物なのか気になってる

Twitterえかきのルロアさん@ruroa2

返信 リツイート 昨日 23:25